深田恭子の肌がきれいな理由

深田恭子は1つのスキンケアしかしていない

(un)touch

昔若くて可愛くて人気絶頂だった女優さん。でも、アラサーになると二手に分かれます。

いい感じの人。年齢の変化が分かりやすい人。深田恭子は圧倒的に前者。むしろ30代に入って艶やかさが加わり、主張しすぎない色気を感じるほど。

そんな彼女の美しさは肌の綺麗さにあります。これは共演した女優やタレントが口々に言っており、実際に生で見た知人もびっくりするくらい肌が綺麗だったと言っていました。

そんな彼女が唯一ハマっているもの、というのが実は保湿ケア。深田恭子さん自体、ご自身がかなりの乾燥肌という自覚があることを話しているのですが、普段のスキンケアはもうそれ一点のみ。逆にそれが、メイクや照明、不規則な生活にさらされるはずの女優業において、あの透明感ある肌を維持できている秘訣なのです。
一般女性もできる深田恭子の肌を目指せる基礎保湿化粧品

深田恭子はなぜ重度の乾燥肌なのに綺麗なのか?

深田恭子の顔になれなくても、肌でも近づければあなたの印象は大幅に変わります。

美人は確かに顔の造りがいいのですが、それほど美人じゃなくても男女に人気の一般人って周りにいないでしょうか?そういう人って、決まって肌が綺麗、透明感があるのでは?

目指すべきは深田恭子っぽい肌作り。メイクや服装を真似てもあなたの良さは出ません。下手すると自己満足だけになるかも。

かなりの乾燥肌なのになぜ透明感?

しかし深田恭子さんに至っては不思議じゃないでしょうか?

彼女は雑誌のインタビューでかなりの乾燥肌だと答えています。

だというのに、あのツルツルの透明肌。いくらメイクさんがついている芸能人でも、一時期ネットで騒がれた桐谷美玲さんのように、肌荒れがバレてしまうこともない圧倒的な透明感。

世の中に乾燥肌で悩んでいる女性は山ほどいます。深田恭子さんもそうなのにあのツヤ肌。やっぱり持って生まれた何かが影響しているのでしょうか?

芸能界の優等生だからこそ可能になった美肌

深田恭子さんが本当に重度の乾燥肌であっても今のようにプリプリの肌を維持できているのは、人気女優という忙しさが逆に災いしたからと予想できます。

彼女くらいのレベルになると、忙しくてスキンケアと睡眠に十分な時間を確保できません。しかし、人に見られる仕事であるので、自由な時間があるとそれに全てつぎ込んでいるのが深田恭子でしょう。

あなたはどうでしょうか?

忙しい、ストレスが溜まっているからと、だらだらと夜遅くまで起きていたり、保湿ケアが疎かになっていないでしょうか?もしくは、何とかしようとあれこれ肌を触りすぎていませんか?

深田恭子さんはとにかく時間がないので、保湿ケアもとてもシンプルと思われます。保湿だけにこだわっているとのことで、特別なことはしていないと答えているからです。

おそらく保湿ケアもあっという間に終わらせ、そして就寝。彼女が週刊誌などに浮いた話や、深夜の遊びについてスクープされないことから見て、以下に肌のための生活を送っているか分かるのでは?

徹底シンプルケアが肌老化を防ぐ

深田恭子さんのような透き通った肌になりたい!

と何かケアを頑張るのは間違いです。

肌は積極的にケアしても、それによりどんどん綺麗になることはありません。むしろやり方によっては逆効果。

特に、綺麗になろう!という気持ちが強いほど肌に触れる回数が増えてしまいます。肌は洗顔時など必要な時以外は触れないのがベスト。たるみを取るマッサージなどが人気ですが、あれをやっていると肌状態が荒れてくる人もいます。肌が接触摩擦に弱いからです。
正しいスキンケアは、

  • 肌が通常通り生まれ変わる環境を整えることと
  • できるだけダメージ(紫外線や接触摩擦など)から遠ざける

この2点のみ。あとはインナーケア(睡眠や食事など)です。

深田恭子さんは保湿ケアだけ、というのが本当なら、まさしくこの2つの条件を満たしています。

保湿ケアはただ肌を潤すのではなく、綺麗な透明感肌に欠かせないセラミドやNMF(主にアミノ酸)を肌が作るのを助けます。そしてこれにより肌水分量が高まり、紫外線などの刺激を跳ね返すバリア機能を作り、より綺麗なキメを整えることになります。

シンプルな保湿ケアというと大きな期待ができないかもしれませんが、一番肌にいいのはこれなんです。

深田恭子の真似をできる一般女性はいない

私も頑張って、深田恭子みたいに努力する!

とやってみようとしたけど、やっぱり無駄な時間を過ごしてしまうでしょう。

無駄にTVを見たり、スマホをベッドの中でもいじっていたり…でもこれは一般の人なら仕方がありません。

しかし芸能界に生きる人はそうもいきません。

深田恭子さんも30歳を超えましたが、さすがにアラサーを迎えた女優になると周囲の目が厳しくなります。20代のときに許されていたことが周囲に受け入れられなくなります。肌が荒れていても仕事がもらえるという保証はありません。

アラサーになると同世代の女性層のファンも大事になります。この世代が抱えている肌の悩みを解決している存在でなくてはなりません。

いわば、食べるため、芸能界で生き残っていくために必死なんです。おっとりしている彼女ですが、そのための努力は全て女優業のために費やしているのではないでしょうか。

果たして、それを一般女性が真似できるでしょうか?今日は仕事頑張ったから明日かお肌のことも頑張る!こんな甘い感じなっていませんか?

ある成分があれば深田恭子の真似ができるかも

では一般アラサー女性はやっぱり深田恭子の肌にはなれないのか?

いいえ。そんなことはありません。

彼女ほどの肌になろうとすると、同じく女優業のためのような頑張りが必要です。でもそこまでしなくても、使う保湿化粧品を見なおせば今よりかなり肌は見違えるはずです。

セラミド豊富な肌で深田恭子の肌に近づける

彼女が本当にどの保湿化粧品を使っているかは定かではありません。

正直な話し、彼女の努力が予想通りでスゴイものであれば一般的な保湿化粧品で十分です。これを使わないとダメ!ということはないでしょう。ワセリン1つで美肌を保っている人もいるのですから。

ただ、美容のためにきっちりとした生活を遅れない場合、仮に高価なコスメを使っても肌の劇的な変化は望めません。あくまで睡眠や食事等の自己管理があってこそコスメの良さが引き出されます。

女優を意識した生活水準に加えて、シンプルで高品質な保湿ケア…

これが揃ったときに起きるのは、細胞間脂質の増加。主にセラミドの増加です。

深田恭子さんの肌があれほど綺麗なのは、セラミドを中心とする細胞間脂質の量がとても多く、ラメラ構造(艶やかな肌に必要な肌構造)が非常にしっかりしていることが強く想像できます。

肌が綺麗=セラミドが多く作られる肌

深田恭子さんを始め、肌が綺麗で透き通った感じがある…という肌は、共通して保水性に優れています。

肌が綺麗に見えるかどうかは、肌細胞(表皮細胞)がびっしり詰まっていて、なおかつ肌水分量が高いかどうかです。

このびっしり詰まった肌が「キメ」です。

キメが細かいと光を乱反射して肌色本来の美しさを出します。また皮脂が増えてもキメの溝(皮溝)に収まるためテカリも出にくくなり、結果的に化粧崩れもしにくくなります。

ここに肌水分量が加わることで、奥からの水分感が透けて見えたようになります。

肌水分量が高いと角質が無駄に溜まることもありません。ピーリングなど不自然なことをしなくても自然に古い角質が取れて、常にフレッシュな肌が保てます。

この肌作りに欠かせないのが肌水分量。肌水分量が低いと肌細胞が十分に育ちません。そして透明感も出ません。

深田恭子さんの雑誌インタビューを見る限り、彼女はかなりの乾燥肌を克服しようと特化した結果、セラミドを生み出す環境が揃っているのかもしれません。

忙しすぎるがゆえに、あれこれできない。でも一番の悩みの乾燥だけは何とかしよう!という、人気女優ならではの環境が功を奏した結果なのでは?

一般女性の深キョン肌作りを助けるアイテム

深田恭子の肌になる!という思いはあっても、実際に生活を一変させるのはほぼ不可能でしょう。

一般人には一般人にしかない忙しさや悩み、障害もありますからね。

では何ができるか?

洗顔時間を減らしてみる

意外かもしれませんが、洗顔時間を減らすというのはかなり有効です。

なぜなら、洗顔料の成分がセラミドを落としてしまうからです。

女性は特に洗顔を丁寧に行いますが、使っている洗顔料によっては過剰に洗っていることがあります。肌荒れや乾燥で悩む女性が皮膚科で診察を受けた場合、大半の女性は洗顔時間が長いと判断されるそうですよ。

洗顔の役割は汚れを落とすためですが、仮に今より半分の洗顔時間にしても汚れは十分に落ちているでしょう。洗いすぎの肌感覚に慣れてしまっているからです。

いきなり半分とまでいかなくても、意識的に今よりちょっと洗顔時間を短くしてみてください。それでセラミドの減少量を抑え、より深田恭子さんのような透明感に近づけるはずです。

同じく、クレンジングも時間をかけすぎないのが重要です。

肌は洗うことで綺麗になりません。汚れが綺麗になるだけです。肌が綺麗になろうとするのを邪魔してしまうことを覚えておきましょう。

保湿ケアはセラミド系がおすすめ

保湿化粧品に採用されるヒアルロン酸やコラーゲンは、単独ではイメージほど水分を保持してくれません。これは、化粧品で補える場所に本来これら成分が存在しないからです。

しかしセラミドは違います。

セラミドは化粧品で、元からある場所に補うことができます。なのでセラミド本来の機能を発揮でき、より長い間水分を維持してくれます。

ヒアルロン酸やコラーゲンもセラミドと組み合わせることでより保水性を発揮してくれますので、主体成分がセラミドの保湿化粧品を選ぶというのが一つの方法です。

このセラミドは人工的なものになりますが、私達が肌で作るセラミドとほとんど構造が同じです。なのでほぼ同一の保水性を発揮。

質のいいセラミドコスメを使うことで、深田恭子さんの肌にあって自分には足りない透明感と潤いを作り上げることができます。

そして長い保水性維持により肌環境が整うため、ターンオーバーを整えてよりキメ細かく、より潤いが強い肌に導かれます。

深キョン肌へ!リッチな透明潤い肌作りを助けるセラミド保湿化粧品

深田恭子さんが愛用している保湿化粧品は何なのかは分かりません。インナーケアの努力があれば保湿化粧品の質はそれほど問われませんからね。

ただ彼女の肌感を見る限り、いわゆるハリを出す!といったような派手なエイジングケアコスメではないと思います。全てではありませんが、ああいった商品の中には肌表面をコーティングするような格好で、何となくハリが出ているような状態を演出するものがあります。これは肌環境によくありません。

以下は女優肌にとって不可欠なセラミドを補えるコスメ。かつ、セラミド系コスメで重要な浸透力について強みを持っている製品です。セラミドも角質層にしっかり浸透し、とどまってくれないと意味がありません。

軽いタッチですぐに馴染んで浸透。長続き。そのおかげで接触摩擦も減らせるため、女優さんのようなキレイな肌作りを簡単に後押ししてくれますよ。

敏感肌専門ブランド ディセンシア アヤナス

  • 通常より4倍の浸透性セラミドでしっかり潤う
  • べたつかずワセリン並のバリア機能を発揮する特許技術
  • 透明感を失わせる糖化対策
  • セラミドを与えるだけじゃない作る環境も整える
  • 刺激を排除したコラーゲン生成ケア

エイジングケア化粧品は華やかで良さそうに思えますが、肝心の保湿力がイマイチというものが目立ちます。しかしアヤナスは真逆。コンセプトが敏感肌のためで、あくまで乾いて弱い肌質を何とかするためのコスメ。そこにおまけレベルを超えたエイジングケアを加えた他にはないコスメです。

しっかりと肌環境を整え、同時にエイジングケアもバッチリ。仮に今乾燥だけが悩みだとしても、エイジングケアは早い内からやっておいたほうがプラス。悩みが出てからでは手遅れです。アヤナスは基本を守りつつ、刺激を恐れずしっかりとエイジングケアできる点で他ブランドと一線を画しています。

高機能オールインワン リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

  • 濃厚Wセラミド(天然+ヒト型)
  • リポソーム化(非常に高い浸透技術)
  • 高級エイジングケア成分のほぼ全てを採用
  • 防腐剤を極力カットで肌負担軽減
  • パックも可能な女優仕様

通常はヒト型と呼ばれる人工セラミドが主流。リ・ダーマラボは天然セラミドも加えたWセラミドで非常に濃厚。各セラミド種類それぞれの良さを余すことなく発揮。オールインワンゲルとしては別格の快適な保水性を感じることができます。

その秘密はWセラミドだけでなく、それを高浸透技術のリポソームカプセルで包んでいること。一般的なセラミドは肌角質層に浸透しづらいところ、リポソームならスムーズに角質奥深くまで浸透。濃厚なセラミドをさらに満遍なく肌に届けることが可能です。

高いセラミド力で透明感アップ。さらにレチノール、ビタミンC、EGFなど高級エイジングケア化粧品の範囲も網羅。少ないタッチでシンプルかつ、高い浸透技術により妥協のない仕上がりに。

他のオールインワンゲルのような物足りなさや不安がありません。忙しい女優さん気分でパッとなじませ終了。それだけで違いを感じます。

※継続購入に縛りはありません。

医薬部外品 KOSE 米肌

  • セラミドを増やすライスパワーエキスNo.11(医薬部外品)
  • クリームが滑らかでべたつかない
  • SK-IIも主軸とする発酵成分
  • 真夏も真冬も変わらず快適
  • 特に素肌・すっぴん時に違い

国産米から作られるライスパワーエキスNo.11は、セラミドを増やす作用が認定されている医薬部外品成分。この成分を全てに配合した基礎化粧品です。

他のライスパワーエキス系コスメとの違いは、ライスパワーエキスと同じく発酵成分を強化。より潤いを溜め込む工夫をしています。

セラミドを直接配合しないことで使い心地は非常にソフトで自然。たっぷり使っても見た目に響かず、皮脂が多い人、ニキビで悩んでいる人にも使いやすいテクスチャーです。

高い保水性とセラミド増産作用により、乾燥により目立った毛穴にバッチリ!セラミドによる透明感だけでなく、均一的で曇りのない肌作りにも貢献してくれます。

女優肌に必要不可欠な適度な洗顔・クレンジングに

時短すっきり ビーグレン クレイウォッシュ

  • 天然クレイで泡立たない時短洗顔
  • 潤いを奪い去りにくい
  • 洗い上がりはすっきりで自然な水分感が残る
  • 抗炎症成分でニキビ予防
  • 朝洗顔で皮脂コントロール、化粧崩れ対策

洗顔は泡で直接肌に触れないのが重要…というのが定説ですが、時間をかけずにサッと終わらせるなら泡洗顔にこだわる必要はありません。むしろ泡洗顔のほうが時間がかかり大事なセラミドを失うことも。

こちらのクレイ洗顔料は泡立たないタイプ。顔全体に軽く馴染ませて、すぐに水で流しても十分すっきり。皮脂が多い男性でも満足するほどです。それでいてつっぱらず水分感がちゃんと残ります。

きっちり洗顔してきた女性には物足りないかもしれませんが、超時短で済む洗顔になれると、それだけで肌負担と潤い力が変ってきます。また毎日のスキンケア時間が減り本当に楽ですよ。

こちらのクレイウォッシュはビーグレンのトライアル全種類に入っています。以下は基本的で人気の高い毛穴向けトライアルへのリンクとなっています。

くすみ顔に最適 アテニア スキンクリアクレンズオイル

  • W洗顔なしも可能
  • オイルタイプだけどぬるつきなし
  • メイク浮きが早く肌負担大幅軽減
  • 肌ステイン(くすみ原因)をオフ
  • 2ヶ月1,800円の超コスパ

女優肌の源となるセラミドを極力減らさず、肌を汚くする接触摩擦も減らす。でも邪魔なメイクと汚れはしっかり落とす。なかなか両立しないこれらを簡単に実現できるオイルクレンジングです。

オイルタイプだからメイク落とし力は抜群。でも突っ張るといったオイルタイプにあるデメリットは感じられませんね。サッと浮かせて、そのまま顔の汚れもまとめて浮かせることができます。通常はW洗顔で流さないとヌルヌルですが、これはウォータリーベースだから大丈夫。水に馴染んでしまうため、そのまますすいで洗顔も済ませられます。

またくすみ除去にも適しています。肌ステインという、肌のくすみとなる物質に相性のいいオイルを配合。毎日のメイク落としがそのまま透明感アップケアになるため、乾燥でくすみがちだった人は1本使い終わるときに違う印象を持っていることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る